いったい。

0
    image1.JPG
    画像は懐かしのアポロチョコ!

    新型コロナ感染者が勤務していた付近の大型スーパーで買い出しして来ました。
    いつもよりお客さんが少ない気が…?

    セルフで選ぶパン屋では、パンが個装されていました。
    食べたことがないので買ってくれば良かった。

    それにしても電車内に年配者が少ないです。
    やっぱり出かけないようにしているのかも。

    しかしさ、濃厚接触以外の感染者は一体どこから新型コロナウイルスをもらっちゃうんだろう?
    3月16日まで休校にしてと首相からお願いされたけれど、休みが明けた頃に発症した場合はどうするの?
    小・中学生がそんなに自宅待機していられるかな?
    その間に両親が感染したらどうするの?
    満員電車は回避できないでしょ?

    買い出しの後、シャワーしましたよww

    明日は美容室へ行かなくちゃ。
    先にラーメン食べよっと。
    posted by: A姐 | ものがたりいろいろ | 12:53 | comments(0) | - | - | - |

    きりがない。

    0
      .c.ものがたりいろいろ
      パンデミック100年周期説 
      1720年・ペスト 
      1820年・コレラ 
      1920年・スペイン風邪 
      2020年・新型コロナ ⬅︎NEW 

      これ、当たってそうでイヤですねぇ。
      現在は医療が発達しているので、死亡率は伸びないと思いたいです。
      でも、新型コロナのワクチンが出来るまで1年くらいかかるそうなので、感染対策を徹底するしかないですね。

      今さらですが、北海道の感染状況から考えると、どこで感染したかわからない患者さんが各地に点在しているということは、表面化していないだけで一定数の保菌者がすでにどこにでもいるってことですよね?

      じゃあ、手洗いか手の殺菌を常時できる環境に自分でするのが一番ですかね。
      人間って自分の顔をよく触るそうです。
      しかも無意識に。
      手洗いはしても、帰宅後すぐに顔も洗った方がいいかしら?
      なんて考えるとキリがないので、これはもう帰宅後すぐにシャワーで髪から全部洗っとくのが一番安心かもしれないなwww
      ついでに服も洗濯だね!

      どんなに心配しても、うつるときはうつるし。
      新型インフルエンザAが流行し始めた頃も、どんどん拡大して、A姐も東京から帰った直後に発症したもんな。

      小中学校が明日明後日から休校になるそうです。
      この休校分は振り変えられるの?
      もしかして夏休みが短くなっちゃうの?

      自宅待機と言っても、お腹は減るでしょ。
      買い出しで食品店が混む?
      さてさて?

      画像の限定カルピス好き!
      image1.JPG
      posted by: A姐 | - | 19:04 | comments(0) | - | - | - |

      たろ。

      0
        image1.JPG
        猫の日だ。
        昨夜、録画した「岩合光昭の世界ねこ歩き」三昧。
        何度見ても飽きないのが不思議。

        A姐にとってお初の猫は、母親の実家にいた猫たち。
        母親が生まれる前から飼っていたそうなので、物心つく前から出会っていたと思う。
        確か、常時4〜5匹いた。

        中でも「たろ」という猫が一番印象に残ってる。
        太郎の「たろ」なんだと思う。
        「た〜ろ!」って呼ばれてた。
        キジトラ白とサバトラ白の中間色だったような…と記憶しているんだけど、鼻先にもちょっとだけ柄があったなぁ。
        それがそんなに太っているわけでもないのに、他のねこより大きくてまるまるふくふくとしたルックス。
        普通の猫より顔が倍大きかった。
        ボス格のオスだったらしいけれど、人間には…というか、A姐にはおっとりやさしい猫だったという記憶しかない。

        母親の実家は中富良野の山奥で、それはもう夏は暑くて冬はめっちゃ寒かった。
        従姉と間違えたのか意図的か、冬は夜中にA姐の布団に潜り込んで来たことも多々あったけど、毛皮全体が冷えていて雪の匂いがしていた。
        畑の中の一軒家で、出歩き自由だったからな。

        夏は、家のそばの胡桃の木にいたリスを狙っていたっけね。
        裏の畑へもよく散歩に行った。
        伯父さんの家は、元々金沢から来た開拓者で、伯父さんの一番下の妹がA姐の母親ってわけ。
        猫以外にウサギもいたし、怪我をしたハヤブサも飼っていたことがあると母親から聞かされてた。

        家の周辺は見える範囲すべて自前の畑で、田舎だけどとりあえず街中に住んでいたA姐には、なんじゃこりゃ〜!なところ。
        それが全部、猫…たろのナワバリ。
        たろスゲ〜!
        で、たろについて散歩するのが当時のA姐の楽しみだった。
        真冬以外ね。
        そりゃもう、我ながら絵本の世界っスよ!ww
        青々とした麦畑と小川と猫と、麦わら帽子と白いノースリーブワンピースのちっちゃくてコロンとしたボブヘアの女の子!
        プラス! ギンヤンマと蝉とアゲハチョウ。

        たろ、懐かしいな。
        A姐の猫のイメージは、彼から来ているんだと思う。
        あとむとちゅんたろうクンも懐かしいな。
        チョビくんとトッポちゃん、ミニカもサクラもみんなあの世で元気かな??

        中富良野の家は従兄弟が処分後、引っ越してしまったので、もうないかもだなぁ。
        そういえば、中富良野の小学校で新型コロナというニュースがあったけれど、もしかしたら母親や従兄弟たちが通った学校かもしれない。
        でも、なんで中富良野?

        札幌市内の感染者、雪まつりの関係者だっけ?
        彼らがいたのはプレハブの二階だけれど、雪まつりのステージで司会を担当したアナウンサーたちが「あそこは凄く乾燥していた」と言っていたんですよ。
        もしかして一階は控室だった??

        画像はちっこいバナナ。
        指くらいしか長さがないんだよ〜。
        posted by: A姐 | ものがたりいろいろ | 14:50 | comments(0) | - | - | - |